akb48研究生

AKB48研究生たちとのふれあい|作品No-0023「ハイタッチ48」

「」
↑クリックすると拡大画像になります

 

 

「希望の園」村林先生の指導で作品に息吹が吹き込まれる

 

20160703

 

↑これが9月1日に仮完成した作品です
先生の指導で本当に完成した作品とは
「遠近感」がまるで違います

 

 

私は「ファイン・アート」に関して
まるで無知なので
いつも不思議に思う事があります

 

 

なぜ拓馬がもの心ついた頃から
いつも描いていた電車の絵が

 

 

「芸術作品」として万人に認められるのか?
ということに関してです

 

 

けれどもただひとつ分っていることは
拓馬が10歳の時「HUMAN-ELEMENT」の
村林 真哉先生の指導を受け始めた直後に

 

 

伊勢市ララパーク主催の「交通安全ポスター展」で
伊勢市議会議長賞を頂いて

 

 

はじめて新聞に「早川拓馬」
の文字が掲載されたという事実です

 

 

村林先生の画家として芸術を評価する目は本物です

 

 

実は今回拓馬が「できた」と言って
「希望の園」に持って行ったこの作品に対して
村林先生が言われた指導はこうでした

 

 

「これじゃ全然ダメ。この辺とこの辺に
あと人物を13人くらい描き足して下さい」

 

 

とのことで、持って行った作品を
再び自宅に突っ返されたのでした

 

 

私の心は正直、穏やかではなく

 

 

「倍返しだ、拓馬、人物26人描け」

 

 

と言ったのでした

 

 

でも拓馬にはそんな気持ちは微塵も無く
素直に村林先生のご指導にしたがって
コツコツ人物を描き足して行ったのでした

 

 

この村林先生と拓馬師弟の信頼関係こそ
拓馬の作品が「芸術」として
評価される秘密だったのです!

 

 

作品は油彩画で
大きさは15号
約65センチ×53センチです

 

 

2013年夏
拓馬と私がAKB劇場で研究生たちと
ハイタッチしてふれあった
思い出の作品です

 

 

 

作品のお問い合わせは「希望の園」まで

※画像の無断使用は一切禁止とします。
page top