可児市 エイブル

可児市エイブル・アート展で人物描写|作品No-0016「KNI 48」

「」
↑クリックすると拡大画像になります

 

 

初めて来場者を見ながら描いた作品
●売約済み

 

 

この作品は岐阜県可児市エイブル・アート展に
拓馬が講師として招かれて

 

来場者を見ながらその場で描くという
ワークショップ作品です

 

 

当然その場で完成は出来ませんので
2時間ほど数人の下書きをして
帰宅後仕上げた作品です

 

 

その場で描くという行為は
難易度が高いので

 

拓馬の作品の中では唯一扱いやすい
アクリル絵の具を使用しています

 

 

ですのでアクリル絵の具特有の鮮やかな発色の一枚です

 

 

ところで拓馬の絵が各地に出品されるようになって
もう10年以上になりますので
拓馬の絵の固定ファンが何人かいらっしゃいます

 

 

この日も名古屋からわざわざ来場してくれた
親子3人がおりまして
一番はじめに3人を描いたのでした

 

 

そしてこの作品も購入してくれたのでした
またその親子3人だけをピックアップした
Tシャツも作られて人気があります

 

 

ちなみに画面下に「AVE」と書かれた電車は
ドイツの新幹線だそうで
拓馬の電車好きも国際的になってきました

 

 

この作品はアクリル画で
サイズは20号(?)
額装を入れて約75センチ×65センチ位です

 

 

※残念ながらこの作品は売約済みです

 

※画像の無断使用は一切禁止とします。
page top