ガラス 版画 ドイツ

ガラス版画はドイツの伝統技法!作品No-0006「ドイツの女1」

「ドイツの女1」
↑クリックすると拡大画像になります

 

 

ドイツ・フランクフルトで刷られた希少な版画です!

 

 

2011年拓馬はドイツフランクフルトで開催される
「JAPAN WEEK」という日本文化を海外に紹介する
イベントで作品を展示するために渡欧しました

 

 

また、現地の障がい者アーティストのアトリエで
ワークショップに参加して現地で描かれた版画のひとつが
この作品です

 

 

ガラス版画と聞いてもピンと来ませんが
ドイツでは古くから伝統技法として
継承されているようです

 

 

この作品は女性の写真を見ながら
1時間ほどで仕上げたそうですが
しっかり女性の後ろに電車も描かれています

 

 

また拓馬の作品には他にない
1人だけの女性が描かれた
珍しい作品です

 

 

サイズは不定形で
額装を入れて約60センチ×70センチ位です

 

 

作品のお問い合わせは「希望の園」まで

※画像の無断使用は一切禁止とします。
page top