江ノ電 道路

道路を走る江ノ電にビックリ!作品No-0022「明治村の路面電車」

「」
↑クリックすると拡大画像になります

 

 

電車の中でも特に大好きな「路面電車」

 

 

大学時代に私と家内は同じ「漫研」におりました
「漫研」と言っても漫画はひとりで描くものですから
酒好きが集まって飲み歩くサークルでした

 

 

その「漫研」の年間行事のひとつとして
「秋の遠足」がありまして

 

 

鎌倉観光と江ノ電に乗って
結局は「江ノ島の屋台で酒を飲む」のがメインの行事でした

 

 

たしか拓馬が2歳か3歳の時だったと思います

 

 

久しぶりに江ノ島の屋台で飲みたくなった私たち夫婦は
学生時代を思い出しながら鎌倉へと向かったのです

 

 

そして江ノ島までの途中
どこかのおそば屋さんに入って
昼食を食べていたのです

 

 

すると突然「チンチン!ガタンゴトン!」と
江ノ電がお店の前の道路を通過したのです!
この時の拓馬の驚き様は、今でもはっきり覚えています

 

 

きっと「電車が道路を走っている!」
という様は生まれて始めてで
拓馬には信じがたい光景だったのでしょう

 

 

以来「路面電車」は拓馬の中で特別な存在となったのでした

 

 

作品は2004年に15歳の拓馬と2人で
ZARDのコンサートへ行った翌日
「明治村」で乗った「路面電車」の絵です

 

 


こちらの映像を見ても
かなり正確に描写されているのが分かります

 

 

作品はスチロールボードに描かれた水彩画で
サイズは額装無しで
112センチ×81センチと大きめです

 

 

作品のお問い合わせは「希望の園」まで

※画像の無断使用は一切禁止とします。

 
トップ プロフィール 早川拓馬展 早川拓馬の作品 拓馬の近況 メディア掲載 お問い合わせ