akb48 電車 アーティスト

AKB48を電車で描くアーティストは早川拓馬だけ!No-0009「電車48」

「電車48」
↑クリックすると拡大画像になります

 

 

人物を電車で描く拓馬ワールドひとつの最終形
第63回みえ県展 洋画部門 入選作品

 

 

この作品は実は、初めは拓馬が大好きな
「AKB 48」をモチーフにした人物画で
第62回みえ県展に応募しましたが、落選してしまいました

 

 

拓馬本人も悔しかったのでしょう
描いた人物の上からすべてを電車に描き換えて
翌年第63回みえ県展 洋画部門でみごとリベンジ入選を
果たしたいわくつきの作品です

 

 

個展会場で絵の解説をしていますとよく
「これだけの絵をどれくらいの期間で描くのですか?」
という質問を受けますが、この100号の大作は2年間かけて描かれたわけです

 

 

ですから拓馬の作品は大きさによって製作期間は異なりますが、描くのは早い方だと思います

 

 

最近意識して制作行程を毎日見ているのですが
15号の木製ボード(約65センチ×55センチ)で
白塗り1日(1時間)、下書き6日(約10時間)で
色塗りを開始していますので、かなり早いと思います

 

 

この「電車 48」はその早さで2年間かけた
好きなものしか描かない拓馬ワールドが結実した
最新のひとつの最終形とも言える作品です

 

 

村林先生いわく
「これはもう樹海だよ、迷い込んだら出てこれないよ」
とほめていただいた秀作です

 

 

この作品も油彩画で
サイズは100号
額装を入れて(約165センチ×135センチ)の大作です

 

 

作品のお問い合わせは「希望の園」まで

※画像の無断使用は一切禁止とします。
page top