ガラス 版画

ゴールドシュタインで制作したガラス版画|作品No-0015「ドイツの親子」

「」
↑クリックすると拡大画像になります

 

 

アトリエ・ゴールドシュタインで制作された版画です

 

 

ガラス版画は一色のインクでガラスに直接描いた絵を
紙に圧着しますので油彩画で言えば下書きの
線がそのまま転写されることになります

 

 

また描き直しが出来ない一発勝負ですし
インクが乾く速度から計算すると
1時間ほどで絵を完成しなければならない高度な技法です

 

 

この「ドイツの親子」は「ドイツの女1
ドイツの女2」と同様に
フランクフルトのアトリエ・ゴールドシュタインで制作されました

 

 

写真を見ながら描いたそうなので
拓馬の描く絵としては人物が大きく描かれ
芸術性の高い作品に仕上がっています

 

 

この作品は版画ですがこの一枚しかこの世にありません

 

 

サイズは不定形で
額装を入れて約60センチ×70センチ位です

 

 

作品のお問い合わせは「希望の園」まで

※画像の無断使用は一切禁止とします。

 
トップ プロフィール 早川拓馬展 早川拓馬の作品 拓馬の近況 メディア掲載 お問い合わせ