版画 技法 モノタイプ

モノタイプ版画技法は数枚しか刷れない!作品No-0007「ドイツの女2」

「ドイツの女1」
↑クリックすると拡大画像になります

 

 

世界に一枚しかない希少な版画作品

 

 

こちらの作品も「ドイツの女1」と同じく
フランクフルトアムマインで制作された
ガラス版画作品です

 

 

この「ガラス版画」という技法ですが
ガラス版に直接インクで絵を描いて
その上から紙を圧着させて転写する方法で
「モノタイプ版画」とも呼ばれています

 

 

「モノタイプ版画」は原則1枚しか刷れません

 

 

ですが実際にはこの「ドイツの女2」のように
2枚〜3枚刷られることが多いそうです

 

 

この作品の特筆するべき特徴は
「ドイツの女1」が写真で言う「ポジ」であれば
「ドイツの女2」は「ネガ」タイプになっています
(なぜなのかは分かりません...(^^;))

 

 

また、数枚刷ると色が薄くなってくるので
水彩絵具で色を入れています

 

 

ですから「版画」とはいえ
世界にこれ一枚しか存在しない希少品です

 

 

また芸術性が高いので
Tシャツでも人気が高い作品です

 

 

サイズは不定形で
額装を入れて約60センチ×70センチ位です

 

 

作品のお問い合わせは「希望の園」まで

※画像の無断使用は一切禁止とします。

 
トップ プロフィール 早川拓馬展 早川拓馬の作品 拓馬の近況 メディア掲載 お問い合わせ