近鉄名古屋駅 ホーム

近鉄名古屋駅ホームに並ぶ顔・顔・顔|作品No-0014「あなたはわたし」

「」
↑クリックすると拡大画像になります

 

 

私たち両親や兄弟、先生方など200人以上の顔が並ぶ
第59回みえ県展 洋画部門 最年少入選作品

 

 

村林 真哉先生が主催する自由芸術教室「HUMAN-ELEMENT」は
毎週土曜日の午前か、午後14:00から16:00頃まで

 

野田さんというお宅をアトリエとして
お借りして創作活動をしています

 

 

村林 真哉先生はご自身がアーティストとして活躍もされており
その作品を見る眼力は非常に優れた先生で

 

東京から深夜バスで健常者アーティストが、
指導を受けるほど高名な先生です

 

 

私は毎週土曜日になると家内の運転で拓馬を迎えに
松阪のショッピングセンターで買い物をしてから

 

「希望の園」(元、野田さんお宅の敷地内)の、
車内で待っています

 

 

ですが、みえ県展の締め切りが近づくと
拓馬は集中的に平日も「希望の園」で絵を描き

 

 

その土曜の夜も18:00頃まで描いていましたので
さすがに私も車内を降りて、
野田さん宅のアトリエに上がらせて頂きました

 

 

拓馬が18歳の時ですから3回目の
みえ県展応募作品でした

 

 

100号の大きなキャンバスに描かれた数百人の顔、顔、顔・・・

 

 

数百人の目からじっと
見つめられているかのような
圧倒的な迫力を感じました

 

 

村林先生は少し離れて作品の前に立ち

 

「よしっ!これで完成でいいですか!?」

 

と拓馬にたずねたのでした

 

 

拓馬は満面の笑みで「ハイ!」と
元気よく答えたのをよく覚えています

 

 

第59回みえ県展 洋画部門 最年少入選作品
「あなたはわたし」完成の瞬間でした

 

 

2年後入賞する「人権の駅」のプロローグが
Family Museum」だとすれば

 

 

拓馬ワールドのひとつのスタイルを確立させたのが
この「あなたはわたし」だと思います

 

 

これも油彩画で
サイズは100号
額装を入れた大きさは約165センチ ×135センチ位です

 

 

作品のお問い合わせは「希望の園」まで

※画像の無断使用は一切禁止とします。

 
トップ プロフィール 早川拓馬展 早川拓馬の作品 拓馬の近況 メディア掲載 お問い合わせ