akb 肖像画 電車 自閉症

AKBの肖像画を電車で擬人化して描く早川拓馬のサイト!

「電車48」
↑クリックすると拡大画像になります

 

 

この油彩画の詳細はこちら→「akb48 電車 アーティスト

 

 

拓馬5才

 

 

ようこそ早川拓馬 美術館へ!

 

 

【チャレンジドアートとは?】
チャレンジドアートは生まれつき人生に挑戦することを
運命付けられた障がい者の芸術作品のことです

 

 

屈託のない素直な心で制作された
感性あふれる作品は見る者の心を癒し
和ませてくれるので世界中から高い評価を得ています

 

 

はじめまして「早川拓馬 美術館」館長こと
早川拓馬の父、早川 匡(タダシ)と申します

 

 

拓馬は1989年、私が28歳の時に生まれた待望の長男です
当時私は東京都の狛江市に住んでおりましたので
拓馬も実は、東京都出身です

 

 

0歳から3歳まで立つのも歩くのもしゃべるのも遅い子でした
けれども走る電車を指差し「オダキューセン、ジュンキュー」
などとしゃべるので「漢字が読めるのか?天才か?」
と、私は拓馬の成長の遅さを「性格の範疇」と考えていました

 

 

拓馬の電車好きはこの3歳の頃からで
「ケーヒントウホクセン、アオ!」「ヤマノテセン、ミドリダネー!」
「キイロイノハ、ソウブセン!」などと、次々に覚えていったのです

 

 

また4歳になったある日、レゴブロックで
らせん状のオブジェを作り、やはり指を指して
「ディー・エヌ・エー」とつぶやいた時もびっくりしました!

 

 

親ばかだと笑って下さい
その時も私は拓馬を抱き上げて
「天才だ!」と思わずさけんでしまいました...(^^;)

 

 

けれども現実は厳しく、幼稚園に入った拓馬は「自閉症」と診断されました
そのこともあり、私は1983年の8月に自然環境の良い
三重県伊勢市にIターン転職したのでした

 

 

ちょうど20年前の式年遷宮の年でした
家内は妊娠8ヶ月で、2日間かけての大引越しでした
その年の10月に次男優木が生まれましたので
こちらは生粋の伊勢っ子です

 

 

拓馬は電車の絵を描くのが大好きで
粘土細工も電車ばかり作っていました
ですので自閉症の情操教育の一環として
拓馬は6歳の時から近くの絵画教室に通っていました

 

 

ところが私が玉城町に夢のマイホームを買ったので
伊勢市から30分ほど離れてしまい、近くの絵画教室に簡単に通えなくなったので
厚生小学校の恩師、冨岡先生に紹介されたのが
「希望の園」の村林 真哉先生だったのです

 

 

1999年、拓馬10歳の時でした
この村林先生との出会いが、その後の拓馬の人生を
大きく変えてくれたのでした

 

 

村林先生のご指導の元で
拓馬のチャレンジドアーティストとしての才能は見事に開花して
16歳で県展最年少入選・20歳で県展最年少入賞
そして今年24歳で初の個展を開くことが出来たのです!

 

 

このことがきっかけで
私の拓馬の作品に対する考え方が
大きく変わりました

 

 

「拓馬の絵は人の心を和ませるチカラを持っている」

 

 

そう確信することが出来たのです
そして「平成の山下清」は決して夢ではなく
もう、現実になりつつあると実感したのです

 

 

そして日頃からお世話になっている村林先生をはじめとした
関係各位さまへの感謝の念と
私と同じような障害児を持つ親御さんに希望の光を
感じて欲しく、当サイトを立ち上げました

 

 

どうか皆様温かい目で今後とも早川拓馬を見守って下さい
よろしくお願い致します

 

 

コメント

 

拓馬くん元気そうだね。
おじちゃんは、高次脳機能障害という、後天性の障害者の後輩なのさ。

 

また、近々、三重に、会いに行くからね!
まっていてネ

 

Posted by シゲ at 2013年07月17日 15:40

 

拓馬くん、こんにちは。

 

いっぱい描いてね。
パパ、ママからの贈り物がえのさいのうなんだよ。

 

おぢさんは、高次脳機能障害という、後天的な、障害の後輩だけど、よろしくね。
Posted by シゲ at 2013年07月17日 15:45

 

私は拓馬の事を 知的障害だと 思ったことは 1度も有りませんと言えば
ちょっと嘘になるかな? でも拓馬は本当に素直で 最高の男です
皆さんも拓馬と接すると わかると思います 拓馬と接して 応援してあげて下さい
私はドップリ 拓馬の虜です本当に良い奴ですよ 拓馬がんばれー
Posted by M at 2013年10月22日 22:09

 

 

 

 

 

 

※画像の無断使用は一切禁止とします。
page top